ブログ

上越市の整体ユニヴァースでございます。

慢性的な肩こりは、現代人に多い症状の一つです。
辛くなると日常生活に支障を来すこともあるほど、重くなることもあります。
肩こりの症状が酷いときには、整体やマッサージに行って緩和するのが一般的です。
どちらも同じ効果があるので、自分が行きやすい方を選ぶ人が多いでしょう。
しかし、整体院の施術とマッサージは全くの別物で、効果も全然違います。
整体とは、一般的に背骨や骨盤などのゆがみを整え、肩こりの改善を目指す施術です。
一方のマッサージは、筋肉をもみほぐしたり指圧で血行を改善することで、筋肉の緊張を取り除いてこりをほぐします。
整体とマッサージを比べてみれば、根本的に治療したいなら整体院に行くべきとわかるでしょう。
整体院では、肩こりの根本原因である背骨や骨盤のゆがみを、施術で矯正し健康な状態に戻します。
それに対してマッサージの施術は、現在感じている症状を緩和するだけです。
施術を受けた後は肩こりが解消して、気持ち良くなるでしょう。
しかし、根本的な原因を改善したわけではないので、しばらくするとまた辛い症状が襲ってきます。
そのため、一度受けても症状が現れるたびに、施術を受けに行く必要があるのです。
整体院で肩こりの根本原因である体のゆがみを調節すれば、施術を受けた後にぶり返す可能性は低いです。
慢性的な肩こりは改善し、日常生活で不快に思うことも少なくなるので、気持ち良く暮らしていくことができるでしょう。
ですから、肩こりを楽にするために整体かマッサージで悩んだら、原因を根本から解決できる整体院です。
整体に対しては、ボキボキと骨が鳴ったり痛いイメージがあるかもしれません。
しかし、現在の整体院で行われている施術は、痛みはほとんどなくボキボキと骨がなることもありません。
ソフトなタッチで背骨や骨盤を矯正してくれるので、施術を受けるときの不安は少なくなっています。
一度も行ったことがないなら、信頼のできる整体院を探して行ってみましょう。

当店も「整体」とつけておりますが、一般的な整体と異なり、天城流湯治法の理論と手技で施術させていただきます。
単純に骨の歪みから不調和が来るとは、考えず内臓のストレス、疲労から対応した全身の筋肉のこわばりが発生して、痛みとなると考えております。

天城流湯治法協会WEBサイト

ブログ

上越市の整体ユニヴァースでございます。

腰痛は自分自身では治す事ができないと思われているのですが、実は原因を特定しコツを掴むことができればセルフケアができ、上越市にある整体院の整体師の方も訪れる患者に対して自宅で自分で整体する方法を助言しています。

自分で整体する際にポイントになるのは、いかに腰痛の原因がピンポイント的に特定できるのかが関わっており、たとえ腰部が痛くても他の部位が引き金となっている事例が多いです。

つまり、全く無関係である首に自分で整体するだけですっかり調子が良好になり、鎮痛剤や湿布薬が不要になった上に直立姿勢や歩行が美しくなった方も居ます。

しかも、人体の特徴的に骨自体が痛みを発するといった事は無く、その周囲にある筋肉が関与しているので、筋組織に対してアプローチしてあげることに有用性があります。

さらに、足首周辺のように遠い所でも腰痛に関わるという事で、一見無関係に見える箇所も自分でケアするのが大切です。

腰痛が上半身ではなく下半身であるのなら踝や膝、股関節といった取り分けて稼働が多い箇所を中心に探っていきます。
前屈をしている状況でそれぞれの関節部分に触れてみて、違和感および痛くなっているところが腰痛の箇所を元にセルフケアをしていきます。

 

ブログ

上越市の整体ユニヴァースのかざまでございます。

私自身、ぎっくり腰ではありませんが、屋根の雪下ろしを2日連続やってしまい腰を酷使して、翌日起き上がれなくなった経験があります。
ずーっと寝ているわけにいかないので、腰痛のポイントをほぐして15分くらいで起き上がれるようになりました。

天城流湯治法では、ぎっくり腰の痛みは数回通っていただくと緩和されていきます。ただし、体調や個人差がありますので、通いながら様子を見ていただく必要があります。

さらにご自宅でも痛みを緩和するのを促進するために、セルフケアの方法もお願いしております。

お客様の声

上越市の整体ユニヴァースでございます。

2017年11月24日 南魚沼市にある雑貨と洋服やさん ハイネ様で、「呼吸がしやすい身体へ」というテーマのセルフケアセミナーを開催いたしました。

その時の参加者様からの感想をいただきましたので、シェアさせていただきます。

・家でも気軽にいつでもでやれる方法なので、試していきます。
・人体はふしぎですね。
・まだまだ身体のことを知って運動能力向上につなげていきたいと思います。
・呼吸法だけでなく他のことも知りたいです。

 


短時間のもみほぐしてで、呼吸が楽になり体の不思議を感じました。
是非日常生活に取り入れたいと思います。

思っていたより、実践的ですごくよかったです。
身体が温かくなりました。
続けてやっていきたいです。

 

呼吸が深くなって、家でもやってみようと思います。
効果を実感できました。

 

ブログ

施術の頻度としては、1度だけでは痛みを取り除くことができても、根本的に解決できない場合が多くなっています。そのため、まずは連続して3回ほどは施術を受けて、根本治療を目指すことをおすすめします。

3回ほど期間をそれほどおかずに施術を受けることで、上越市の整体院が自分に合っているかどうかを確かめることができますし、合っている場合は少しずつ腰痛を軽減できていることを実感することができます。

 

3回ほどの施術を受けることで、痛みを改善できると実感できる患者さんが多いので、まずは3回の施術を受けることをおすすめしますが、施術の頻度としては1回の施術から2回目の施術まで7日以内に通うことが良いといえます。

整体を受けることによって、歪んだ状態を改善することができますが、時間がたつごとに再び歪んだ状態に戻ってしまう可能性があります。そのため、3回の施術を1週間ごとを目安に受けることによって、歪みを改善することが期待できます。

 

もちろん、1週間ごとは目安であって、1週間を迎えるまでに痛みが出てきた場合にはもっと頻繁に通うことも必要です。そして3回ほど整体院に通って効果を感じ、さらに持続的に通院したいと考えた場合は、少しずつ施術の頻度の期間を広げていき、最終的には1ヶ月に1回のペースで通うようにします。

 

そうすることで体の不調を改善することができますし、不調に再びアプローチすることができるので、常に良い状態を保つことができます。継続的に通うことによって、腰痛などの痛みが出る前に不調を調整してもらうことが可能です。

ブログ

整体院、整骨院どっちがいい?|上越市の整体ユニヴァース

腰痛と無縁で年齢を意識させない活発な動きを実現させるには、整体院や整骨院で体のメンテナンスを施す事が必要不可欠ですが、どちらも似ている名称であるためお世話になるべき方がわからないという方も多いです。

整体院においては肩甲骨をはじめ脊椎や骨盤、四肢といった関節を対象とした施術が受けられます。

手や足を用いて骨格や関節、骨格筋のズレや狂いを整え毎日感じている不調を解消させられる特性を持っています。

一方で、接骨院で行われる施術については整体院で実行される事柄に加えて、急性もしくは亜急性の作用により生じてしまった怪我に向けて治療させられます。

急性というのは脱臼や捻挫、骨折といったように強い力が加わって生じてしまったものを指し、亜急性は一定の負荷が度重なってのしかかってしまう事なので腰痛や寝違いがあります。

こうしたように施術内容については若干の差異があるものの、両者はよく似ているのが事実なのですが、圧倒的な違いは手を施す方が有資格者であるかというのが挙げられます。

整体院の場合だと開業について国家資格を取得する必要性が無いため、無資格であっても開院させられます。

もちろん、無知ではいけませんが専門学校に通学し勉学に励み、民間の資格を手にした上で開く者が多いです。

反面、接骨院は柔道整復師と呼ばれる国家資格を必ず手にしなければならず、訪れる方の中にも国家資格という安心材料に惹かれる患者も多々居ます。

また、保険についても各々では違う面があり整体院だと国家資格が無用という事もあり、保険を適用させることはできません。

しかし、柔道整復師のライセンスを得なければならない接骨院だと保険適用が行われるので健康保険や労働災害保険、自賠責保険といった様々なものが適用可能になっています。

こうした様相からわかるように、肩こりといった身近で急を要する必要が無い不調については整体院に長い間お世話になり、怪我が起こった時は接骨院に行き健康体を取り戻しましょう。

 

上越市の整体ユニヴァースでは、整体院にあたりますが、「天城流湯治法(あまぎりゅうとうじほう)」という健康法の手技を用いて身体の痛み、こわばりをゆるめて、ほぐして、のばしていきます。従来のマッサージやカイロプラクティックとは異なり、筋肉を骨から動かして自己治癒力を高めていきます。

 

また、整体ユニヴァースでは施術を受けていただく以外にも、日常で簡単にできるセルフケアの方法もお伝えして良い状態を維持することを推進しています。

ブログ

上越市牧区の整体ユニヴァースのかざまでございます。

整体院に通って肩こりは解消できるのか?
そんな心配の方へ

いろいろな整体院、マッサージサロンがあります。
カイロプラクティック、ツボ押し、もみほぐし様々な療法が存在し、どこに行ったら良いのやらと迷う方も多いかと思います。

個人的な体験からお話させていただきます。

20代の頃(1998年頃)、首や肩こりがひどくてタウンページから、指圧のページを辿っていろいろ通ったことがありました。

カイロプラクティックのお店に行ったときですが、首をぐりぐり回されたあとでバキッとひねられて一瞬ビックリするような音が出て、首の硬さが取れたような感覚になりました。
でも、1週間くらいでまた首が重くなってきます。
何度か通っても結局もとに戻ってしまうという結論に至り通わなくなってしまいました。
骨を強制的に修正しても筋肉がついてこないのかなと感じました。

日帰り入浴施設に併設されているマッサージ屋さんにもたくさん通いました。
当たりハズレがあり、上手な人に当たるとラッキーなのですが、研修中?の人に当たってしまうとツボも外れているし力加減もうまくできなくて終始不快な感じで、翌日もみ返しが酷くて利用しなくなりました。

整体院に関しては、その人の体質、体調、体格等によってアプローチが合う合わないがあると思います。

リラクゼーションから入って身体を緩めて結果的に肩こりが解消されるアプローチが良い人(長期間通うパターン)、少し痛みも感じるけど比較的少ない回数で肩こりが解消されるアプローチが良い人などに別れると思います。

天城流湯治法 肩こり偏頭痛

整体ユニヴァースでは、天城流湯治法の理論とメソッドで肩こりにアプローチしていきます。

天城流湯治法では、肩こりの原因は「咀嚼不足」から来ていると考えています。

「えっ? 骨の歪みとか関係ないの?」と最初は思いましたが、噛まないことで胃腸に負担が来て内臓が固くなりその影響が肩にも出てくるということです。

食べ物を一口入れたら25回以上、もぐもぐと咀嚼し唾液を分泌させて、胃腸の負担を減らしてみましょう。

右肩のこりは大腸、左肩のこりは小腸をもみほぐし、前腕の外側の筋肉をほぐしていきます。

肩は直接触ることは殆どありません。

ということで、施術を受けるから良くなるという期待感より、毎日の生活習慣の改善こそ大切であると考えています。

咀嚼不足を解消し、「食い改め」ていきましょう(笑)